用語集

二段階認証

二段階認証とは、多くのログインシステムで使われている、安全性を高めるための方法です。

一般的には、通常のログインパスワードに加え、他の情報を使った二つ目の認証をユーザーに求めます。

ここで求められる情報は、各サービスにより異なりますが、SMS やメール、認証アプリなどを利用することが一般的です。オンラインバンキングなどでは一度のみ利用可能なワンタイムパスワードを利用することもあります。

二段階認証は完全に不正ログインを防ぐものではありませんが、一段階のみのパスワードと比べると、セキュリティ強度を高めることができます。

当社では、セキュリティ強化のため、仮想通貨の外部送付および bitWire をご利用される際に二段階認証を必須としているほか、ログイン時やその他サービス利用時における二段階認証の設定を強く推奨しております。(詳細はこちらをご覧ください)

しかし、二段階認証においてメールでのセキュリティーコードの受け取りを選択している場合には注意が必要です。もしメールサービスと二段階認証設定サービスのパスワードを同じに設定した場合、二段階認証の意味がなくなり、二段階認証が突破されるリスクが高まります。

当社サービスにおいてメールによる二段階認証を設定される場合には、別途、暗証番号の設定を必ず併せて行っていただくようお願いいたします。

また、SMS での受け取りを設定している場合は、電話番号を変更すると SMS を受け取ることができなくなるため、必ず再設定していただくようお願いいたします。