用語集

ローソク足

ローソク足とは、株式や仮想通貨など金融商品の価格変動をグラフで表す方法のひとつです。

それぞれのローソク足は四角の柱(「実体」とよばれることもあります)部分とその上下に伸びたヒゲ部分から成り立ちます。これらの部分は単独で「足」と呼ばれることもあり、1 日単位であれば日足、1 週間単位であれば週足、1 ヶ月単位であれば月足と呼ばれます。

ローソク足には四本値と呼ばれる、始値、高値、安値、終値の四つの値が示されています。これらの中で始値と終値は柱の部分で表現されます。

1 日、1 週間、1 ヶ月などの期間内で、最初に売買が成立した価格が始値、最後に売買が成立した価格が終値です。終値より始値の方が高い状態は「陰線」と呼ばれ、逆に始値より終値の方が高い状態は「陽線」と呼ばれます。

また、ヒゲ部分で表現されるのは、高値と安値です。高値は最も値段が高かった売買価格を表し、安値は最も値段が低かった売買価格を表します。柱から上部に突き出した線は上ヒゲと呼ばれ高値を示します。一方、柱から下部に突き出した線は下ヒゲと呼ばれ安値を示します。